+123 456 4444

安くても丈夫!低価格帯ランドセルの素材

ランドセルの素材
3~4万円程度で購入できる低価格帯のランドセルがあります。このランドセルは多くの方が6年間持たないのではと考える方が少なくありません。しかし、きちんとしたメーカーが製造し、大量生産によってコストを下げているというケースも少なくありません。

そんな低価格帯のランドセルですが、気になるのは素材です。今回、この価格帯に利用されているランドセルの素材についてお話しします。

これを読めばきっと低価格帯のランドセルであっても6年間丈夫に機能してくれるということが理解できるのではないでしょうか。

素材に関してはいくらメーカーが優秀でもコスト削減で素材に問題があるんじゃないかと言う意見もあります。

確かに、このクラスで高級ランドセルに使うようなコードバン(高級な馬皮、1頭でランドセル2つ分しか取れない高級皮革)や牛革と言った天然素材を使用しているメーカーは皆無です。その代わり現代における新素材、人工皮革を使用しています。

この人工皮革は年々改良が続けられており、防水性能に関しては天然素材を超える性能を誇っているのが特徴です。むしろ防水性や耐水性に関しては牛革やコードバンよりも優れている一面もあります。

この人工皮革は各社とも毎年改良が重ねられており、低価格モデルであっても1世代前の性能十分な人工皮革が使用されています。

このように耐水性や防水性があればランドセルとしての劣化も少なく、6年間耐えられる素材と言えるのではないでしょうか。

ただ、強いて言えば、コードバンや牛革に比べて質感がどうしてもビニールに近い印象を与えてしまい、中価格帯であれば縫製の工夫や装飾によってある程度そういった安っぽさをぼやかすことができるのです。

しかし低価格帯はコストを削減するためシンプルなデザインが多く、そういったことを行なえないため、隣同士で比較すると見劣りします。

それでも機能面では極端な差はありませんから、名を捨てて実を取るという考えであれば全く気になることはありません。

コスパがいいランドセル比較!【https://www.bunaken.org/